2010年9月30日木曜日

見積もりの集め方


見積もりのもらい方については、別記事に参照しました。
ここでは見積もりの集め方に注目したいと思います。
見積もりの集め方とは、文字通り複数の留学会社から見積もりを集める方法です。






・できれば同じ週(日時)に集める


留学は現地通貨を換算することによって見積もりが完成します。
複数会社から見積もりを集める際に、あまりに日付が空いてしまうと、換算レートの統一性が取れなくなってしまいます。


本来ならB社よりA社の方が換算レートが高いのに、見積もりをもらう時期がずれて為替自体が上昇してしまうと・・・結果、B社の見積もりに記載されているレートの方が高くなっている、ということが起こってしまいます。


正確に比較するためには、同じ為替相場のときに見積もりを集める必要があります。



・同じ条件で集める


複数の留学会社にカウンセリングを受けると、それぞれのお勧めのプランを提示されると思います。
しかしプランが変わってしまうと純粋に費用の部分を比較することができません。
この段階では、留学会社のお勧めプランではなく、まず同じ条件での見積もりを集めて下さい。
気に行った会社を見つけてから、改めてお勧めプランは提示してもらえばいいのです。


具体的には、下記の項目に注意してください。


1. 学校
2. コース(授業時間数)
3. コース期間
4. 滞在方法
※同じホームステイでも学校紹介、会社紹介の違いもあるので、その点も統一してください。
5. 現地サポートの有無


上記の項目は必ず統一させてください。
これが会社ごとにバラバラになってしまうと、どこの会社が高いのか全く比べることができません。



・他社の見積もりは見せない


同じ項目で統一するためには、他社のお見積りを見せてしまったら早いかと思うのですが、あまりお勧めはしません。
留学会社によっては、他社の見積もりに合わせて工夫をしてくるところもあるからです。
純粋に比較をしたいと思うのであれば


「他社の見積もりは、まだもらっていない」
「同じプランでまずは比較をしてほしいので、指定のプランで見積もりが欲しい」


という旨を伝えた方が無難かと思います。



留学会社によっては、お勧めプランのお見積りしか提示しないところもあるかもしれません。
留学カウンセラーも見積もり勝負にならないように様々な工夫をしたいのが本音です。
なので、学校名を敢えて載せない、など色々な手段を講じてくる可能性があります。
この辺りはしっかり抑えておきましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿