2010年9月30日木曜日

言い訳ばかりの留学


これもとても個人的な意見。
なので、あんまり参考にならないかもしれないけど、とりあえず載せてみたいと思います。



留学って、何かのせいにしやすいからか、



・英語力が伸びなかったのは、学校のせい、日本人が多かったせい
・友達ができなかったのは、学校のせい



などなど、自分の責任を回避する言い訳がたくさん作ることができます。






でもちょっと考えて欲しい。



今まで英語力が身につかなかったのは、何のせい??



英語を使う機会がない日本のせい? 時間がなかったせい? 日本の教育のせい?



私は、自分のせいだと思うけど・・・まぁそれは100歩譲って・・・



そんな環境から一新するために留学をするのだと信じています。



今度こそ言い訳ができない状況にするのが、今回のあなたの留学ではないですか?
語学留学やワーキングホリデーを否定する人はたくさんいるだろうし、日本でも勉強は十分できるって意見もあるだろうけど、その行為自体が大きなきっかけになる留学はアリだと思います。



それに、日本よりは語学を吸収しやすい環境であることは間違いないですし。
ただきちんと考えて欲しいのは、ただ行けば語学を習得することができる訳ではないこと。



日本でも色々な言い訳を並べてきた人は、海外ではもっと自分を追い込まなければ効果は出ないはず。
じゃないと、また言い訳ばかり拾って、自分を正当化して終わってしまうと思います。



今まで語学が習得できなかったのは、本当に環境だけのせい?
もし、環境を言い訳にしてきた自分のせいであるならば、そこをまず変えないと結果は付いてこないですよ。。。



だって、海外の方が絶対に楽しいし。

0 件のコメント:

コメントを投稿