2010年9月30日木曜日

自分を変えることが成功の秘訣?


留学をしたい人にたくさんのアドバイスをしてきました。



「海外では、とにかく積極的に自分から話変えた方がいいですよ!」



と言うと・・・






「え~、でも私人見知り出し、そんなことできないよ・・・」



と言う人がいます。



稀にではなく、結構います。



>いやいやいや!
そこを変えなきゃ意味ないでしょ!



例えば日本で、いっつも友達に囲まれてるA君がいたとして・・・
そのA君は中学でも、高校でも、大学でも、いつもたくさんの友達に囲まれていて・・・
それって、A君が



たまたま良い環境の中学に行けて
たまたま良い環境の高校に行けて
たまたま良い環境の大学に行けて
たまたま良い環境の地域に生まれたからだと思いますか?



多分、A君は、どんな中学でもどんな高校でも、どんな地域でも、きっとたくさんの友達に囲まれているはずでしょ。



つまり何が言いたいかというと・・・



環境は自分で作っている ってこと。



A君は自分でそうなる環境を作ってだけでしょ。故意か自然かは分からないけど。
もし、人見知りで友達をあんまり作ることができなかったのであれば、
それを変えないと海外に行っても作りだす環境は全く一緒になるって考える方が自然じゃないでしょうか?



本当に自分の性格なんて、2の次、3の次にして、
どんな風にふるまったら、たくさん英語を使う機会に恵まれるか、を最重要視にして、行動しないとせっかくの留学がもったいない。



・・・と私は個人的に考えるのでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿