2010年12月24日金曜日

ホームステイ先での注意点と知識


ホームステイは当たり外れがあるという印象を持っていると思います。
実際に家庭によって様々なので中にはお金目的のホストファミリーもいます。


しかしホストファミリーも人間ですし、留学生側の知識や努力が足りないことによってトラブルになることがあるのも事実です。
下記、簡単にホームステイについての注意や知識をまとめましたので参考にしてみてください。






■ルールの確認


・初日にハウスルールの確認を必ず行う
・相手の言っている言葉が聞き取れなければ、きちんと理解できるまで筆談を加えてでも必ず確認する
・門限、シャワー、洗濯、食事についてなど、確認するべきことは事前にまとめておく
■お風呂
・海外では夜ではなく朝にシャワーを浴びる風習がある
・一回のシャワーは5分~10分程度と日本に比べて短いこと当たり前である
・日本でも短い時間でシャワーを浴びる練習をしておく
・初日にホストファミリーに、何時頃にどれくらいに時間までシャワーを使用して良いか、事前に確認しておく



■ドア


・海外では部屋のドアを開けっ放しにしておく習慣がある
・自分の部屋のドアを閉めてしまうと”今は一人にしてください”というメッセージになってしまいホストファミリーから声をかけてもらえないことがある
・ホストファミリーと交流したいのであれば、なるべくリビングにいるようにする



■食事


・海外の食事は質素なものが多く、毎日のメニューもそんなに替わるものではないのが一般的である
・初日に、食べらないもの(食材)は伝える
・実際に食卓に並んだもので食べられないものがあった場合、無理して食べないでその旨をホストファミリーに伝える
・食べられないものを残すことに理解はしてくれるので気にする必要はない
・ホームステイ中に食事が必要ない日は、必ず事前に伝えること



■電話


・使用する場合は必ず事前にファミリーの許可をもらう
・国際電話をかけるときは、必ずコーリングカードを利用する、また利用する旨をファミリーにも伝えておく
・夜遅くの使用や長電話は避ける



■洗濯


・毎週何曜日は洗濯の日などルールを決めている家庭もある
・洗濯をお願いしたい場合は、どこにいつまでに置いておけば良いのか初日に確認する
・海外の洗濯機は衣類を傷めてることがあるので、洗濯ネットを持って行くと便利である



■郵送


・荷物を送りたい場合は、事前にホストファミリーに伝えておく
・宛先にホストファミリーの名前だけでなく自分の名前も加えておくとホストファミリーが受け取った際にも分かる
・滞在中に届くように気をつける



基本としてホストファミリーも人間であるから、生徒の中でも気に入る生徒、そうでない生徒が出来て当然だと思います。
そのことを踏まえて、せっかくなら可愛がられる生徒、気に入られる生徒を狙ったほうが絶対に得をします。
ホームステイはホテルではありません。
人と人との交流になりますので、進んでお手伝いをしたり、部屋を奇麗に使ったり、家族として当然の行動を積極的に行って、気にいられる生徒を目指しましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿