2010年12月25日土曜日

パソコンの持ち込みについて


留学先にパソコンを持って行くべきかどうか、を疑問に思うこともあるかと思います。
最近のパソコンはコンパクトで軽くなっているし、無線LANにも本体のままで対応してくれるので、心配であれば持って行くのも悪くないと思います。
ただ、予算的にもギリギリで必要であれば購入しないといけない・・・という状況の方は、下記の内容を一つの参考にしてみてください。





まずはじめに、海外で購入するということはお勧めしません。


理由は、外国語で設定をしなければいけなかったり、何かあった時のカスタマーサービスの外国語対応になるからです。
中には日本語でできる・・・ということあるかもしれないですが、その後日本に持ち帰ってから生活する予定であれば、海外製品であるだけで何かと不便なことが多くなると予想できます。


そうなると、日本から用意したパソコンを持っていくか、持って行かないか、の選択になります。
まず簡単にパソコンを持って行くことのメリット、デメリットをまとめます。


■メリット
・持っていれば必ず便利に感じる機会があるはず
・Skypeやメッセンジャーなどを利用して無料で日本の家族や友人と連絡を取ることができる
・写真や動画などのデータを管理することができる


■デメリット
・故障してしまった場合、日本の保障になるため海外での修理が困難
・日本の電化製品を狙った盗難にあう可能性がある
・荷物になる



●お勧め方法


【短期留学の場合(1週間~1ヵ月)】
短期留学であれば、パソコンを持ち込まなくても、学校やインターネットカフェの利用で工夫すれば何とかなります。
1ヵ月以上の滞在やどうしてもパソコンが必要である人は、事前に滞在先のインターネット環境を確認した上で持ち込むことをお勧めします。
※学校側がパソコンの持ち込みを進める場合は別です。学校によっては、授業のレポートのためパソコンの持ち込みを推奨している場合もあります。


【ワーキングホリデーの場合】
持って行く方が便利な場面が多いはずです。特に旅をする人は盗難だけは十分に注意して管理する必要がありますのでご注意ください。


【長期留学の場合】
学校の課題でレポートなどが必要になることがあるため、持って行った方が絶対に良いです。
日本の生活と同じように、あれば便利です。
学業の部分を抜きにしたら、なければないで何とかなったりもします。
もし日本からパソコンを持ち込む場合は、電圧、日本のカスタマーサービスの電話番号、バックアップ、などをきちんと確認しておきましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿