2010年12月27日月曜日

留学先での銀行口座の開設


海外で長期滞在をするのであれば、留学先の銀行口座を開設した方が便利なことが多いです。
しかし、滞在期間やビザの有無によって銀行口座を開設できない場合もあります。


今は国際キャッシュカードやクレジットカードなど便利なものが多いので、必ずも留学先の銀行口座を開設しないと生活できない、という訳ではないので留学内容に合わせて最適な手段を選ぶことをお勧めします。





■短期留学
観光ビザやビザがない場合は、留学先で銀行口座を開設できない場合があります。
国際キャッシュカードやトラベラーズチェックでお金を管理して、クレジットカードでの支払いも利用しながら生活することをお勧めします。


■長期留学
学生ビザを取得している場合は、基本的に留学先で銀行口座の開設が可能です。
国によりますが、学生証、パスポート、クレジットカードなどの提出が必要になる場合があります。


■ワーキングホリデー
ワーキングホリデービザを取得している場合は、基本的に留学先で銀行口座の開設が可能です。
国によりますが、パスポート、クレジットカードなどの提出が必要になる場合があります。

0 件のコメント:

コメントを投稿