2010年12月29日水曜日

携帯電話について


留学中の携帯電話に関しては、日本の携帯電話を使うか、海外の会社で契約するのか、など色々な手段があります。
そのため、目的や期間に合わせて最適な方法を選ぶ必要があります。






●日本の携帯電話を持ち込む
日本で現在使用している携帯電話が海外でも使用できるサービスがある場合は可能です。


メリット
・到着後にすぐに使用できる
・英語での契約など煩わしい手続きがない
・日本の友達、家族と連絡が取りやすい


デメリット
・留学先でできた友達と連絡するのにも国際電話になってしまう
・通話料が高い



●海外の携帯電話を契約する
滞在期間が限られているため、プリペイド式の携帯電話を契約する場合が多いです。
また留学先によっては色々な会社があり、たくさんの友達が利用している会社の方が通話料が安くできる、など事情も出てきます。
日本のソフトバンク同士は無料、AU同士は無料、などと同じような仕組みです。


メリット
・留学先の友達と連絡を行いやすい
・プランや会社を選ぶことによって費用を抑えることができる

デメリット
・到着後にすぐに利用ができない
・英語での契約が必要になる(日本語で対応してくれる場合も有り)



●レンタル携帯電話を契約する
日本から留学先の携帯電話をレンタルすることが可能です。支払いプランや方法は各会社によって異なります。


メリット
・到着後にすぐに使用できる
・事前に番号を伝えることができるので、日本の友達、家族と連絡が取りやすい


デメリット
・長期滞在にあれば、留学先で携帯電話を購入した方が安くなる場合がある
・途中で解約をした場合、本体を日本に郵送しなければならない



●お勧め方法


【短期留学の場合(1週間~1ヵ月)】
日本の携帯電話とレンタル携帯電話を用意して、相手によって使い分ける。
1ヵ月以上の滞在であれば、留学先でプリペイド式の携帯電話を購入しても良いと思います。


【ワーキングホリデーの場合】
留学先で携帯電話を契約する。
日本の携帯電話は、一番安いプランにして持ち込むか、解約してしまうか、は自由に決めて良いと思うけれど、いずれにしろ留学先でメインに使用することはお勧めしません。


【長期留学の場合】
留学先で携帯電話を契約する。
日本の携帯電話は、一番安いプランにして持ち込むか、解約してしまうか、は自由に決めて良いと思うけれど、いずれにしろ留学先でメインに使用することはお勧めしません。

0 件のコメント:

コメントを投稿