2011年12月3日土曜日

留学会社を利用しないで

こんばんは、元留学カウンセラーです。
こういった自分の考え的な記事書くの、すごい久しぶりです。

さて、今回はタイトルの通り「留学会社を利用しないで」について。
人によって想像する意味に誤解を与えてしまうと思うので、ぜひ最後まで目を通してもらえたらタイトルの意味も伝わると思います。


まず、何でこんな記事を書こうと思ったのか?
ツイッターでは公言しましたが、私来年の3月頃に今の仕事を辞めることが決まりました。(ちなみに現在の仕事は全然留学と関係ないです。)
そこで、職があるうちにもっと家賃の安い家に引っ越しておきたいなーと思い、不動産屋さんを最近まわりました。


実は不動産屋のお仕事と留学カウンセラーってすっごい似ているんです。


【共通点】
扱っている商品(物件)はどこの会社も一緒である。


ということは、他社との差別化が非常に難しいんです。
お客さんからしたら、どこの不動産屋さんでも同じ物件を紹介してもらえるんです。
だったら安いにこしたことはないですよね。


また商品力に差がないので、担当者の営業力が重要になります。
お客さんの希望をいかに漏らさずヒアリングをして、希望する商品を提案できるか。



「商品(物件)」で勝負をするのではなく、「担当者」で勝負をする世界。



うん。留学カウンセラーと非常に似ている。
(留学会社としてそれが良いのか悪いのかは、ここでは別として)



それで、なぜタイトルなのか・・・ってことですが、もう少しだけ続けさせてください。



色々不動産屋さんを回って、物件を紹介頂く訳です。
そしてある程度物件の目星がついたら、次はどうなるか・・・?




そうです。内見に行きませんか?って展開になります。



この内見。
担当者の時間を拘束し、かつ移動にかかるガソリン代なども発生するので、不動産業者からしたら実際にコストが発生しています。
いや、その前段階で私のために物件を探してくれている時間だって人件費が発生している。

そしてのこの人件費ってどこから出てるの?っていうと、先に契約をしているお客さんの手数料からなんですよね。




このプロセス、留学会社と本当に一緒。




よくツイッターでも「斡旋会社は使わない」などの言葉を見かけます。
私は別に使っても使わなくても良い、と思っています。
使うべき人は使うべきだし、そうでない人はそうでない、それだけだと思うのです。


・・・ただ、そもそも全く使う気がない人であれば「留学会社から情報だけもらおう」とか「カウンセリングだけしてもらお」とか、そういった考え方はやめて欲しいのです。

そこにかかるカウンセラーの人件費って、先に留学会社にお金を払っているお客さんのお金なんです。

留学カウンセラーも無意味な接客に時間を奪わなければ、その時間を申込済みのお客さんに対してのサポートに時間を使うこともできます。
サービス残業を無くなるかもしれない。見込みのあるお客さんだけに対して営業ができるから月末のノルマに怯えないで済むかもしれない。



現実に留学会社は倒産しています。
予定していた留学プランが台無しになった人が現実にいます。たくさんいます。


それだけ留学斡旋会社というビジネスが貧弱であることは、皆さんだって知っているはずです。
だからせめて、先に申し込みをしたお客さんのお金を無駄に食いつぶすような行為は止めてほしいです。



もちろん、留学会社で話を聞いた結果、利用するのをやめる、というのはアリですよ。それは留学会社の経営努力の問題ですし。
あと、留学会社が倒産したのは明らかに経営者の問題だろ、って意見もあると思います。それはもちろんある、けれど、経営者の問題だって主張し多所で、きっと留学会社の倒産はなくならないと思うんですよね。
各留学協会や団体も、倒産の被害にあった人たちを救済することがない。
だったら、私たちでできること。同じ留学を志している仲間たちを助けることにつながる行為。これを追求した結果、私は上に書いた意見にたどり着いたのです。



いかがでしょうか?

2011年9月17日土曜日

留学あっせんの解約料「高すぎる」と提訴されたニュースを見て

昨日、ある消費者団体が留学あっせん会社に対して、高額のキャンセル料設定をやめるように東京地裁に訴訟を起こした、というニュース記事を見た。

ニュース記事はこちら: http://www.asahi.com/national/update/0914/TKY201109140717.html
訴えられた会社はワールドアベニューという会社。東京と大阪にオフィスを持ち、シドニーにも自社オフィスと学校を一つ持っていたと思う。
もちろん、私はこの会社の存在を知ってる。ここで働いていたカウンセラーも知っている。


私はこのニュースを見た瞬間に二つのことを感じました。
その感じたことは、これから留学を考えてる人たちへ届けるためにアウトプットしないといけないと思い、今、記事を書いてます。


高額のキャンセル料設定をやめるように提訴する、とはどういうことか?

二つしかシーンを想像できなかった。

一つは、この会社にお願いしたくてお願いしたくてたまらないけれど、キャンセル料が高額過ぎて諦めざる得ないから。

もう一つは、契約した後に不安に思うことが多く、キャンセルを検討したのだが高額過ぎてキャンセルもできないから。


絶対、後者である気がしてしまうのは、ここだけの話にしておきましょう。


ということは、契約後に後悔する人がどれだけいるか?って話じゃないですか。


留学は物を販売する訳ではないです。
契約をもらってから出発日まで、プランによっては帰国日までサポートをしないといけないもの。


契約の瞬間だけ気持ちを盛り上げ契約書にサインをさせることなんか手馴れた営業マンなら誰だってできる。


契約前と後では言ってること・やってることが変わる。
そういう経営スタイルをしている会社って思われても仕方が無いほどのニュースだということ。


このニュースはスルーしちゃいけないんです。
これから留学あっせん会社の利用を考えてる人へ、今後確認するべきポイントを教えてくれてるんです。

この提訴をした人たちの悔しい気持ちを無駄にしてはいけない。



そして、もう一つ感じたこと。


それは、どうか皆さんの中で カウンセラーと会社を一つの括りにしないで欲しい ということ。


私は上に書いた会社で働いてたスタッフを数人知っていますが、人間的にひどい人なんか一人もいなかった。
むしろお客さんに対して一生懸命で自分のプライベートの時間を削ってでも頑張るような人たち。


契約後のお客さんにサポートの時間を与えてくれないのは、会社のスタイルの問題。悪いのは経営者であり、あくまでも法人格なのでです。


常にノルマを追いかけさせて精神的に追い込ませる環境にいたら、カウンセラーだって契約後のお客さんに時間を使う余裕もなくなるでしょ。


仕事やってる人なら分かってもらえると思うけど、上司の指示にいちいち歯向かうなんてできないでしょ。
会社の中に属するってそういうもの。自分の感情だけでは思うようにできないものです。
だから、どのカウンセラーもプライベートの時間を削ってでも、少しでも自分の思うこと=契約後のお客さんへのサポート  をやろうと頑張っているのです。

 

なんかまとまりないままですが、ニュースを見て感じた私の素直な気持ちです。

2011年9月3日土曜日

アブログができた背景とやりたいこと


最近ツイッター上でアブログのためのアドバイスをいただき、そのやり取りの延長線上でアブログのサポートを数人の方にお願いしました。

 

特に一人の方が積極的に活動をしてくれているおかげで、フェイスブックページを中心に活発になってきています。本当にありがたいこと!

 

その方がツイッター上でアブログについてを発信してくださり、そういえば私自身がアブログで実現したいことを改めてまとめたものを書いていないな〜と思ったので、今回筆を執ったという流れ。

※ちなみにその呟きはこちら → http://togetter.com/li/182209

 




 

最初アブログで実現しかったのは、

留学経験者を簡単に見つけるツールがあったら絶対便利!


ということ。

 

留学とIT(ウェブ)の相性の良さを非常に感じていて、留学している人って結構ブログやツイッターをやっているなって前から感じていました。そこに更にフェイスブック!留学した人は、留学先のお友達と Keep in touch (関係を保つ)のためにかなりの確率でフェイスブックを始める!

そして、そこにはまさにリアルな飾りのない留学生活が垣間みることができる。加工を加えられた業者が提供する留学体験談とは全く違う、魅力的な情報が詰まっていると感じていました。

 

ただウェブ上には情報がありすぎて、なかなか希望する留学経験者にたどり着くことができない。「留学」というキーワードで検索しても業者関係ばかり・・・。

更に可能であれば、自分の行きたい街、自分の通いたい学校を経験した人にたどり着くことが出来たら、その人にとってその価値は本当に本当に高いものになるはず。

 

一方、留学経験者だってせっかくブログとかをやるならたくさんの人に見てほしいと考える人も少なくない。やっぱりコメントもらえたら嬉しいし、それがまたモチベーションになって留学生活を頑張ることができるはず。

 

ここがうまく交差するプラットフォームを作ることができたら、すごい素敵なことになる!と思ったのが最初の発想です。

 




 

そして、次に思ったのが、

「留学したい人」「留学している人」「留学した人」この3つをうまく融合する!


ということ。

 

アブログを登録するときに、留学は10年前なんで〜」「まだ留学始まっていないので〜」という話を実際に聞いて、ピンときた。

これから留学をしたい人にとって、留学経験者の10年後なんてすっごい貴重な情報じゃないか。また今現在準備中の人の情報だって興味あるはず。

 

留学は買い物と違って、自分に対しての投資。

 

その投資を行った人が、帰国後、実際にどんな生活を送っているのか

これからその投資を行う人が、今どんな準備をしているのか

ここの情報にだって十分な価値がある。

 

 

「留学」というキーワードにおいて、この時間軸が交差できるプラットフォームを作ることができたら、すごい素敵なことになる!と思ったのが次の発想でした。

 

ちなみに、先日のツイッターのアドバイスではまさにこの部分で、

 

アブログに登録中に人たちを

「留学うぃる」:これから留学するひと

「留学なう」:現在留学中のひと

「留学だん」:留学したひと

というカテゴリー分類ができたら、留学したい人(検索者)にとって分かりやすくて良い!ということでした。いや〜、ナイスネーミング!

 




 

まとめ


今、ソーシャルメディアの利用が一般的になってきているおかげで、個人がインターネット上に情報を発信することは自然なことになっています。

新しくアブログで情報をまとめて提供する必要はないんです。結局そんな情報は数ヶ月も経てばもう古い情報になってしまう。

更に「その情報の内容が何か?」が重要ではなくて「その情報を発信している人はどんな人か?」こそがポイントであって、留学情報サイトが束ねた情報という段階で既に魅力半減のフィルタがかかってしまうのです。

 

日常生活だって、どんなにテレビで映画の宣伝を見るより、親友に一言「あの映画良かったよ!絶対あなたも好きだと思う!」って言われた方が見たい気持ちになる。これと一緒。

 

「人」にフォーカスを当てて、その人がやっているソーシャルメディアに誘導できれば、検索者(留学したい人)にとって常に最新の情報、または最適な情報を得ることができるはず。


 

 

そんなテーマをアブログで実現したいと思っております。

 

もし興味がある方がいたらご一報を!


特に個人的には、プログラムかける人とウェブデザインできる人をすっごい欲しています。

毎週じゃなくても良いので週末に少し時間を分けてくれる人、探してます!

ただ非常に残念なことにお金がないため賃金をお支払いすることもできません。

この点はパトロンして下さる方がいたら解決できます。ということでパトロンも大募集!

※私の書いたパトロンとは「活動を金銭的な面で支援してくれる方」という意味

 

 

本当に本気で皆様のお力が必要なステージに来てしまったので、お力添え頂けたら嬉しいです。もし周りの方で興味持ちそうな人がいたら、ぜひこの存在をお伝え頂きたいです。

ここには書かなかったのですが、技術的、時間的、金銭的な課題が解決できれば、アブログ上でやりたい企画やコンテンツがまだまだたくさんあります。

 

それらについては、また別の機会で記事にまとめますね〜。

2011年8月16日火曜日

借金と留学と投資と浪費

専門分野ではないので、あまりこういった公の場で書くのは怖いけれど、今の世の中であればどうしても「通貨(お金)」が基本になってしまうし、大半の人は「お金を作ること」が生きて行く上で必要になります。

この前提の上で、留学について一つの考えをまとめてみます。

 

私はお金を借りることができるなら借りて留学した方が良いと思っています。それは親族から金利0で借りられるのであればもちろん、金融機関から低金利で借り入れすることができるのであれば、借りた方が良いと思っています。

 

人生は有限で必ず終わりがきます。
そして、働き盛りな時期、体力が衰える時期がその中にはあり、勢いを求められる年代、管理者としての動きを求められる年代など年齢によって会社や社会から求められる動きやポジションも変わってきます。

 

例えば、下記のようなケースで整理してみますね。

・留学後の仕事のお給料が今の額より毎月5万円高くすることが目的
・留学にかかる費用は300万円
・留学前の仕事で貯金できるお金は毎月5万円
・現在25歳

自分でお金を貯めてから留学するとしたら・・・・

300万 ÷ 5万 = 60ヶ月(5年間 → 30歳)

 

※まぁ、この5年間の間で昇給したり・・・とかもあると思うので、月の5万円の貯金も変わるじゃんって突っ込みは置いておいて。

※5万円高くなることは、現在の求人内容を確認して自分の現在の経験値に、留学で得れるスキルや経験が加われば、市場価値として5万円は高くなることは調査済みであるとします。

 

はっきり言うと、25歳のときに必要とされるスキルと、30歳のときに必要とされるスキルって違ってきます。人材として求められる市場価値が違うからです。そうすると25歳の時に計画していた留学プラン自体を今度は見直す必要が出てきます。

 

もし親族から金利0で借りることができるのあれば、帰国してから給料が5万円アップした状態でターボ返済した方がキャリアを作る上でもスムーズだし、自分で貯めてから行く場合の半分の期間で返済できてしまう計算になります。

もし仮に金利があったとしても、留学経験後に月額で5万円給料がアップすることを差し引けば借りた方が得するはずです。(これは必ず具体的な金利による返済額のシュミレーションとか細かくやってから判断して下さいね。借り入れする金額によっても、金融機関によっても、返済ペースによっても、全く変わってくると思うので。)更に言えば上記でも書いた通り、キャリアを形成する上でスムーズになるという最大のメリットはそのまま残ります。

 

これが自己投資としての考え方だと思っています。

 

何より人生や働くことができる期間は有限であるので、どちらにしろ留学を経験するつもりであれば、”留学を経験した後の時間を長く取れる方が良い”ことは明らかです。

 

お給料が高くなる・・・というのはシンプルで分かりやすいと思って書きましたが、別に給料が変わらなくても借りることをオススメする例もあり得ます。

 

もし今の仕事に全く興味を持てず、今後も続けて行くつもりがないのであれば・・・その仕事をしながらお金を貯めること。

留学後であればやりたい仕事ができる、精神的に満足した上で働くことが出来るのであれば・・・その仕事をしながら借りたお金を返済していくこと。

 

後者の方が良いと思わないですか?
最初に書いた通り、どちらにしろ留学を経験するつもりであれば、留学後をできるだけ長くするようにした方が得だと思います。

 

最初に書いた前提に戻りますが、人生において「働く」ということがどうしても必要になってしまう状況であるとして、

留学がそこの「働く」に影響を与えるのであれば

→ 借りてでも早めに経験をして

→ 留学後の働く期間を長くすることにメリットがあると思います。

 

ただリラックスしたい、気分転換、仕事に疲れたから・・・という理由での留学であればもちろん別ですよ。それは借りてでも早めに経験した方が良い、とはまた違う世界のお話になりますから。

 

浪費のための借金は間違ってもしちゃダメです。しかし”自己”投資のための借金は考えても良いと思っています。

2011年7月4日月曜日

「留学」の検索結果を変えることがポイント


こんばんは。
元留学カウンセラーです。



留学ブログにアブログ登録のお誘いをしたことによって、現在アブログ登録者かなり増えてきました!
ぜひ、留学ブログやツイッターをやっている方で登録されていない方が、これを読んでいましたら・・・ぜひご登録をお願いします!



http://ablogg.jp




さて、タイトルに戻ります。



「留学」の検索結果を変えることがポイント 



についてです。




アブログやツイッターでよく



「より良い留学システムを一緒に作りましょう!」



と私は良く言ってます。
これには色んな想いや考えが詰まっているのですが、とりあえず私の中で整理できていることをまとめてみたいと思います。



2011年6月24日金曜日

ブログの引っ越しが完了しました。


ご無沙汰のブログ更新です。



前のブログの記事にも書いていましたが、やっと引っ越しが完了しました!
これからは、この新しいブログでまたちょくちょく更新していきます。



もし以前のブログURLをブックマークなどされている方がいましたら、お手数ですが新しいこちらのブログを改めてブックマークお願いします。
ちなみにこのブログのURLにある kgrgk は KaiGaiRyuGaKu の略です!
忘れかけたら、「海外留学」と口ずさみながらタイプしてください!




また、すでにご存じの型もいるかと思いますが、以前から作成を公言していたウェブサイトも無事に完成して運営しております。
アブログ → http://ablogg.jp



このサイトは、留学経験者が情報を発信しているブログやツイッターから学ぼう!というテーマです。
国や都市、留学タイプから、理想の留学経験者を検索できるようになっています!
このブログを見ている留学経験者の方で、ブログやツイッター、フェイスブック、その他のウェブサイトを運営されていましたら、ぜひご登録をお願いします!あなたのその情報をもっとたくさんの人の届けましょう!!




アブログのファンページもあります!
フェイスブックやっている方は、ぜひ「いいね!」をお願いします!
フェイスブックをまだやっていない人も、近い将来に留学を考えているのであればぜひこれを機会にアカウント作ってしまっても良いと思いますよ!
http://www.facebook.com/ablogg




最近はツイッターで情報を発信、拡散することが多いです。
ツイッターをされている方は、ぜひフォローお願いします。
ツイッターでは、私自身の呟きはもちろんですが、色々な留学機関や経験者の方の有益な情報を拡散しています!
もしかしたら、このブログより情報を発信しているかもしれないです・・・・
http://twitter.com/#!/kaigairyugaku




今はたくさんの留学を経験した人がいて、皆がそれぞれにブログやツイッターを通してたくさんの情報を発信しています。
同時に、そこにある情報こそ、留学したい人にとって有益なものがたくさんある。
このつながりをもっと自然にインターネット上で作ることができたら、もっともっと留学において便利なシステムが作れるはず、ということが私のテーマです!



私一人で留学に関する情報を提供して、どうこう言いたい訳では決してありません。皆さんの考えや経験を集約してシェアしていきたいと考えています!
だからこそ、皆さんのサポートこそが必要です!一緒によりよい留学システムを作りましょう!



そんな元留学カウンセラーをよろしくお願いします!

2011年1月30日日曜日

幼児の英語、聞き取れますか?


留学カウンセリングをしていて



「現在の英語力はどれくらいですか??」



と質問をすると



「日常会話程度です。」



と答えられる方は結構多かったです。



いじわるな言い方になってしまいますが、日常会話レベルというのは、これから語学力を上げたいという方にとっては実は非常にレベルが高いものです。
日常を描いている映画を字幕なしで見れるようなレベルだと思います。
1年留学してもネイティブ同士の日常会話にはまだまだついていけない・・・という方も少ないないと思います。



下記、you tube から幼児とお母さんの簡単なやりとりの動画を載せてみました。
こんなやりとりでも、まだまだ日常会話レベルではなく、幼児会話レベルになるのです・・・。
それにしても、外国人の子どもはかわいいですね~。見ててニヤニヤしてしまいますね!